チャージアックスのデビュー作(初登場作品)
と言えば、

MH4です。



MH4Gじゃないですよ。


もう一度言います。

MH4です。





そこには
涙無しでは語れないデビュー秘話がありました。






MH4(モンスターハンター4)は、
2013年9月14日に発売されました。



この作品では、

新しく「乗り」システムが追加され、
同時に「操虫棍」も新武器として追加されました。


MH3には水中があったので、
ついに空中も来たかと騒がれて(?)いました。

じゃあ次は宇宙か?



つまり、
チャアクにとっては、

操虫棍は同期とも言える
追加武器仲間というわけですが、



こいつがとんでもなく強かったのです。



これは完全に個人の憶測ですが、

操虫棍はMH4の目玉の一つで、
パッケージにも描かれるくらいだし、
乗りのシステムも有効に使って欲しいから、
優遇されてるのでは、と。

ただ、それにしても強かった。あいつが。

操虫棍そのものも強いのですが、
あいつ、知ってる人は知っている、
有名なコピペを貼っておきます。



属性別で使える操虫棍

 無:渾
 火:然
 水:一
 雷:体
 氷:の
 龍:薙
 毒:刀
麻痺:エアリアルグレイブ
睡眠:マ
爆破:タ





おっと、
いつの間にか操虫棍のことばかりになってるので
チャアクに話を戻しましょう。




同期の操虫棍が華々しいデビューを飾りました。

でもチャアクだってこの作品がデビュー作です。

強いに決まっています。





そんなふうに考えていた時期が私にもありました






≪ここが弱いよ!MH4時代のチャアク≫

  • 盾突きが無い
  • 属性強化状態が無い
  • GP→高出力の派生が無い
MH4Gと比較しての話。
例えば剣強化などはMH4G時代にも無く、
MHWが初出。





1つずつ補足します。





盾突きが無い

細かいスキに挟み込むことができる
優秀なモーションですが、

残念ながら出来ません。


そして盾突きが無いということは、

盾突き→高出力の連携もありません。






属性強化状態が無い

これは、

盾突きが無いから

ではありません。

斧の高出力をキャンセルしての属性強化も無いです。

属性強化状態がないということは、

ガード性能は上がらないし、
GP時にはビン炸裂しない、
でもガード時の斬れ味消費はしっかりする。
斧のダメージはもちろん上がらないし、
超高出力なんてものは当然存在しません。






GP→高出力の派生が無い

GP(ガードポイント)はギリギリありました。

が、狙って使っても特にうま味はありません。
スキルで補ってもガード性能は高いとは言えず、

しっかりガードできたとしても、
そもそも次の派生がありません。

ただの緊急用です。











はい。

正直言って、

どう戦えばいいのでしょうか状態でした。



百歩譲って通常のクエストならまだしも、

ギルクエはもう、ね……。

でも、私が下手なだけで、
上手いハンターはいらっしゃったかと思います
たぶん。





ここまで散々なことを言ってきましたが、
チャアクを悪く言うつもりは一切ありません。



私はチャアクめちゃくちゃ好きです。

ガチャガチャ変形させながら振り回す浪漫の塊。

嫌いなわけがありません。


きっと、私と同じように、
多くのハンターが強化されることを願い、
中には直接要望を出した方もいらっしゃるでしょう。


この不遇なMH4時代があったからこそ、

多くの思いによって改善に改善を重ね、

今までの弱かった要素を全て過去のものにし、

続くMH4G(2014年10月11日発売)
においては堂々とパッケージを飾り、

あの操虫棍と肩を並べるほどの強武器に
生まれ変わったのです。

(最後は個人の贔屓目、だけど実際そうだと思う)






変形武器の先輩、スラアクとはまた一味違う
後の先を信条としたカウンタースタイルで
敵の攻撃を全て捌き切り、

「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」
と言わしめるチャアク。







MHX・MHXXにおいては、
さらに別物になったのはまた別のお話……。









アイスボーンのチャアクは、

盾強化に剣強化に斧強化に、
ついでに言えば傷付けもあって、

「これから使ってみようかな」
というハンター諸氏は、
なかなか取っ付きにくいかもしれません。

でも、面白さは保証します。

浪漫があります。

まだ担いだことがなければ、

ぜひ一度担いでみてください。