前回は
ライトボウガンの属性弾を検証しました。









今回は
ヘビィボウガンの属性弾です。





--------------------------------------------


☆ 対照実験を行うにあたり 共通とする条件
  • 使用武器は「フランツ=グレイシア」
  • パーツ強化は固有グラのため無し
  • 力の護符・爪を所持 最終的な表示攻撃力は 428
  • トレーニングエリアの荷車に傷を付けた状態で氷結弾を射撃
  • 超会心 Lv 3 発動時の会心ダメージを記載する





そして、前回同様に

  • カスタム強化 : 属性の段階
  • スキル : 属性攻撃強化のLv

の比較と、


シリーズスキル
  • 何も無し
  • 真・属性会心
  • 龍脈覚醒 + 属性会心
  • 真・龍脈覚醒

の比較をします。


ヘビィ属性_無



ヘビィ属性_真・属性会心



ヘビィ属性_龍脈覚醒 + 属性会心



ヘビィ属性_真・龍脈覚醒




ちなみに
カーナ4部位の冰気錬成だと最大で108出ます。
浪漫。









これを見ると、
ムフェトカーナ混合防具の

龍脈覚醒 + 属性会心

が圧倒的に強いことが判ります。




ライトボウガンの際も

龍脈覚醒 + 属性会心

は数値上は強かったのですが、
会心率によって期待値が伸び悩んでおり、

結果、私個人としては、
ライトボウガンは
ムフェト5部位に軍配が上がっていました。



しかし、
ヘビィボウガンの場合は、
ムフェトカーナ混合を採用する価値が
充分にあると言えます。



この違いは、
ライトとヘビィで、
属性会心の上昇倍率に違いがあるために
生じています。









続いて、
カスタム強化の段階と
属性攻撃強化のLvについてですが、

概ね、ライトボウガンの時と同じです。



ただし、今回検証に使用した

フランツ=グレイシア

のもともとの武器倍率が低め
であることが起因して、

上限に達している場合があります。





フランツ=グレイシアに限らず、
上限に達してしまう場合は、

上限を突破できるよう
カスタム強化をもっと積むか、

いっそ突破を諦めて、
属性攻撃強化を3で止めて
他(属性会心併用で会心率UP)に回すか、

が良いです。








また、
ライトとの比較で面白いことが1点。





ライトのバル=ジャナールは

最小ダメージ : 50
最大ダメージ : 88





に対して、
ヘビィのフランツ=グレイシアは

最小ダメージ : 46
最大ダメージ : 92

でした。






元が低くても、
仕様の違いによって超えてくるというのは、

ポテンシャルを感じますね。





--------------------------------------------






ということで、
またしても普段使い装備で
狩りに行った動画です。







よろしければどうぞ。